自分がチケットを売るならどんな人に売りたいか?『たった一人のお客様』を決める【でめきん先生タイムチケット講座①必須の準備編その2】

①必須の準備編

タイムチケット攻略全体の目次はこちら↓

https://demekin.club/demekin-timeticket-curriculum/

 

 

どうも、

おぼん師匠のせいでまたおぼんこぼんがギクシャクしないか不安で仕方がないでめきんです。

 

前回は、

「どんなチケットを売ればいいか?」

のお話を致しました。

今回はそのチケットをどんな人に売りたいか?

の話をしていきたいと思います。

 

売れればどんな人でもいいじゃん?

 

そう思われる方もいらっしゃると思います。

ですが、情報発信する上で非常に大事になってくるのが、

「どんな人に発信したいのか?」

「自分の発信によってどんな人を幸せにしたいのか?」

を決める事です。

 

いやいや、できれば全員幸せにしたいよ!

という高尚な方もいらっしゃるとは思いますが、

神でもないのでそれは現実的に難しいですよね。

まあ神ごときが全員幸せにできないですけどね。

 

なのでまずは、

世界中でもし『たった一人のお客様』しか選べないとなったら、

どんな人に自分のお客様になってもらいたいのかを決めます。

 

その、たった一人のお客様の事を

”ペルソナ”

と言います。

 

マーケティングを少しでもかじった事がある方であれば聞いたことがあると思います。

 

このペルソナ設定は非常に内容が濃く、

これだけで10時間でも講義できる内容です。

 

今回の講義では基本的な事をお伝えしていきます。

 

ペルソナ設定はお店を開くにも、Youtuberをやるにも、タイムチケットなどで情報発信する上でも、

必須のスキルです。

 

誰もが情報発信できる時代において、

ライバルも多く、先駆者ばかり利益を得ているこの状況で、

唯一勝てる方法が、

”差別化”

です。

 

差別化については後でお話しますが、

この差別化をする上で絶対に必要なものが、

ペルソナ設定です。

 

また、ペルソナ設定は時代遅れという意見もありますが、

それについてもちゃんとお伝えする事があるので、

是非最後までご覧ください。

 

この記事を最後まで読むことによって得られる事

・ターゲットが明確になり、コンセプトもブレなくなる

・ライバルと差別化でき、唯一無二のチケットができる

・タイムチケット以外でも応用できてどこでもビジネスできるようになる

この様な効果があるので是非最後まで見てください☆

 

この記事の信憑性

情報発信したての頃はにわか仕込みで発信をしており、

ペルソナのペも実施してなかったでめきんですが、

それでもサラリーマン並みの利益は上がっていました。

その後、マーケティングに強く興味を持ち、

きちんとペルソナ設定について学んだ結果、

利益は10倍以上に膨れ上がります。

 

マーケティング、特にペルソナ設定は強烈な物ですが、

自分がたまたまうまくいっただけでは?

運がよかったのでは?

と一時期は思いました。

 

このペルソナ設定を他の人にも伝授したらどうなるだろう?

そう思い、

当時集客に悩んでいたマッサージ屋や、情報発信者にペルソナ設定をお伝えした所、

見事に集客率がアップしました。

 

やはりこの手法は本当に効果があるんだと実感した物なので、

自信をもって皆様にもお伝えできます。

 

ペルソナとターゲットの違い

ペルソナ設定をする上でよく勘違いされるのが、

ターゲットとの違いです。

 

年齢で例えると分かりやすいですが、

ターゲット:20~25歳

ペルソナ:24歳

といった感じで、

ターゲットは幅を持たせた感じですね。

ペルソナは、かなり明確に設定します。

 

もし化粧品を売りたいとします。

化粧品は主に女性が使うので、

性別のターゲットは女性になります。

 

年齢は20代と40代とでは悩みが大きくかわってくるので、

ある程度は絞りますね。

若い人をターゲットにしたいのであれば、

20~25歳と言った感じでターゲットをある程度絞っていきます。

 

ですが、ペルソナ設定はもっとかなり絞ります。

性別:女性

年齢:24歳

職業:介護士

悩み:夜勤が多く寝不足で目にクマができて悩んでいる(==)

 

そんなに絞って大丈夫なの?

ペルソナ設定をする上でよく聞かれる質問No.1がこれです。

 

確かに、ターゲットをたった一人にしてしまうと、

市場が狭すぎて売れなくなってしまうのでは?

と思ってしまいますよね。

※せまい市場の事をニッチ市場といいます

 

詳しくは後で説明しますが、

広いターゲットだと、

いつまでたってもどんな発信をしようか迷ってしまい、

行動に移せないままになります。

 

また、色んな人をターゲットにしてしまうと、

テーマがぶれてしまい、

一体だれに対して発信してるの?八方美人?

と受け手はなってしまいます。

 

ペルソナ設定は時代遅れ?

昨今の技術の進化により、

AI広告などのツールによるマーケティング手法の高度デジタル化などによって、

リアルタイムでダイレクトに顧客に訴求できるようなりました。

 

また、情報の受け取り方の多様化で、著しくマーケティング手法も変わってきています。

 

そんな時代に、いちいち極度にターゲットを絞るペルソナ設定なんて、

老害の懐古主義の馬鹿だという意見もあります。

(そこまでは言ってない)

 

でも、私から言わしてもらうと、

そんなのはただの儲け主義だと思うんです。

ツールを使ってたくさんの人に売って儲けるのははっきり言って簡単です。

 

いや、簡単に儲かるんならそれでいいやんって話かもしれないですが、

今後はそうは言ってられない時代がやってきてますよ。

 

今の時代、特にこの日本は物はある程度揃っていますね。

もう物は売れない時代なんですよ。

 

食い物だって、みんな似たような味ですよね。

ラーメン屋だって、居酒屋だって、風俗だって、メンズエステだって、

くそみたいな所は確かにありますが、平均点は無難以上ではないでしょうか?

 

そう、平均点が高いんですよ日本は。

なので普通に商売やってりゃ勝てないんですよ。

 

だからこそ、「私を選んでくれたんだ」というビジネスをしないといけないです。

 

ビジネスってただ儲ける事ですかね?

違いますね。

「お客様の悩みを解決し、その対価としてお金を頂く」

これが本当のビジネスです。

 

不便だった昔は洗濯機やエアコンなど、生活に便利になるものがどんどん売れていました。

 

洗濯機は、

「大家族の衣類を寒い中、手作業で一枚一枚ゴシゴシして、その後手で思いっきり絞る」

という大変な作業を一挙に全自動で引き受けてくれる素晴らしい機械です。

 

でもいまとなっては当たり前ですよね。

どんどん便利が当たり前になってきて、不便を知らずに生きてきた現代人が、

いまはどんなことに悩んでいるのか?

 

そこをはっきりさせるのがペルソナです。

 

つい熱くなって話が長くなりましたが、

実際にペルソナの設定方法をお伝えしていきます。

 

このノウハウは、ペルソナの基礎と、でめきんメソッドが含まれています。

 

ペルソナの種類

 

まず、ペルソナには種類があります。

 

仮想ペルソナ

仮想ペルソナは、自分の理想のお客様を想像で創っていきます。

3つのペルソナをこれからいいますが、

すべてはここから入ります。

まずは自分の理想のお客様を頭の中で想像しましょう。

 

リアルペルソナ

リアルペルソナは、

家族や友人、クラウドソーシングサイトやマッチングアプリなどで募集した、

実在の人物にインタビューします。

本当の悩みの声が聴けるので、より明確な発信ができますが、

自分が理想とした仮想ペルソナと似た属性の人でないと意味を成しません。

 

自分ペルソナ

自分ペルソナは、

「もし自分がお客さんだったら何をしてくれたら喜ぶか?」

と、文字通り自分自身をターゲットに設定します。

自分の事なので一番わかりやすく、すぐにペルソナ設定しやすいですが、

もし自分が世間とかけ離れているキャラだと、

それこそ市場がかなりせまくなってしまいます。

 

「いや、自分は普通に働いて給料もらって生きている一般人だから、

そんなに変わってないはずだ」

と思うかもしれませんが、

わざわざタイムチケットに登録してチケットを売ろうとしてるんですよ。

一般人そんなことしますかね?

このブログも見ていないはずです。

 

この行動の時点で一般人とは違います。

という事は、自分をペルソナにしてしまうと、

非常にマニアックな人間の市場になってしまい、

全然利益が上がらないリスクが出てきます。

 

なので、重要度としては、

リアルペルソナ→仮想ペルソナ→自分ペルソナ

ですが、

はっきりいってここまでガチ勢でやるのは本格的な情報発信になってからです。

今回はタイムチケットの販売戦略なので、

まずは仮想ペルソナを立てるだけでも十分です。

 

仮想ペルソナの立て方

必要な物

・紙

・PCならGoogleドキュメントが便利

・できればマインドマップ

 

これらに情報を記していく。

 

※でめきん情報発信塾では、マインドマップで本格的な講義をしています。

 

メタデータ ※基礎情報

名前

仮想の人物の名前を”漢字フルネーム”で設定してください。

なんでそこまでやるんだ?と思いますが、

その人物像を思い描く上で重要になってきます。

 

でめきんメソッドとしては、自分の理想の人物の顔を思い描き、

その人物に似た芸能人や知人の写真を貼ります。

顔がある事によって、想像しやすくなります。

 

性別

男性か女性か、必ずどちらかを決めてください。

LGBTをテーマにした発信であれば、

より細かく設定します。

年齢

20~24という書き方は絶対にだめです。

30代、という書き方は論外です。

必ず一つの年齢を決めてください。

20歳と24歳とでは、

見てきたアニメやドラマが違いますし、

教育方針や就職状況だって1歳変わるだけでかなり変わります。

36歳なら36歳、28歳なら28歳、明確に決めましょう。

 

職業

会社員や学生、という書き方の人が非常に多いです。

それだとかなり広すぎるので、ここも明確にして下さい。

ハンバーガー屋のアルバイト、というような感じですね。

誰にも見せないものなので、実在の会社名を記しても大丈夫です。

 

住まい

東京都墨田区京島という風に詳しく記してください。

東京都、だけじゃ足りないです。

東京都でも、世田谷区と足立区では全く人種が違いますよね。

 

※リアルペルソナでやる場合は個人情報があるので本当の情報を入れないように注意してください。

 

婚姻歴

現在結婚しているのか?バツイチなのか?未婚なのか?

恋人はいるのか?

いたとしたら長いのか?

収入

年収は額面でいくらあるのか?

ボーナスはあるのか?

ボーナス込みでの金額か?

 

貯金

貯金はいくらあるのか?

それは預金なのか?

有形資産はあるのか?

家族

父(59)

母(54)

兄(30)

妹(24)

という風に、家族構成とその年齢まで記載してください。

それぞれの職業を入れるとより人物像が想像しやすくなります。

 

 

生活スタイル

起床

普段何時に起きるのか?

 

就寝

何時に寝るのか?

 

仕事の時間

9~18時で残業は平均2時間など。

学生がターゲットなら就学時間。

 

休日

土日祝など。

土日はどう過ごしているか?も記載すると尚いいです。

 

趣味

趣味

サッカー、手芸、ピンサロ巡りなど

 

月にかける金額

趣味に月いくらかけるか?

 

好きなTV・Youtube

好きなTV番組やYoutubeチャンネルなど。

例)

TV:水曜日のダウンタウン、バラエティ全般

Youtube:丸の内レイナ、研ナオコ Naoko Ken

 

※最近であればTikTokも

 

ネットの主な利用時間

ペルソナがよくネットを見るであろう時間

例)11~12時、20~24時

 

購入の衝動

即決タイプか検討タイプか?

でめきんメソッドは、下記の例の様に細かく分けています。

例)

趣味:即決

ランチ:即決

ディナー:検討

服:検討

自分への投資:本などは即決。高額な物は検討

 

心の部分 ※超大事

悩み・不安・痛み

例)

給料が安い

子どもができない

モテない

ハゲ

早漏

親の病気

趣味が無い

 

これらをさらにできるだけ深堀りしてください。

例えば、

モテないという悩みであれば、

ずっと恋人がいないのか?学生時代はそんなことなかったのか?

告白してもふられるのか?チヤホヤされないからなのか?

「モテない」と一言で言っても、深掘りすると深層心理が現れてきます。

 

その深層心理の悩みを解決してあげられるチケットを売るとどうなりますか?

 

解決したい問題

貧乏

親の介護

土日を暇で過ごしたくない

など。

ここもできるだけ深掘りしてください。

 

「貧乏」と一言でいっても人それぞれです。

では月にプラスいくらあれば貧乏から脱出できるのか?

それが深掘りです。

 

避けたい未来

孤独死

いまの会社で一生過ごす

など。

 

ここも深掘りしましょう。

孤独死を深掘りするなら、

どんな状態が孤独死か?

病院で家族に看取られずに死んでいくのか?

自宅でそのまま野垂れ死んで、畳の肥やしになることか?

 

結婚願望

まだ未婚の場合やバツイチの場合は結婚願望を記載するのも想像する上で有効です。

いつまでに結婚したいのかなど、できるだけ深掘りしましょう。

 

なりたい自分

気持ちに余裕がある人間

頼りになるパパ

など。

 

これらも同様に深掘りしましょう。

頼りになるパパであれば、

どういったパパが頼りになるのか?理想のパパ像とは?

どんな時に家族を守ってあげられるのか?

 

 

まとめ

かなり長い記事になりましたが、ペルソナはそれだけ大事なものです。

本来はこのペルソナ設定だけで有料コンテンツを作れるほどの内容になります。

タイムチケットですぐに売りたい人のためになるべく簡略化しましたが、

これだけでも他の情報発信でも使える超濃厚なノウハウになります。

 

次回は、今回のペルソナ設定と前回の記事で説明した自身の経験を基に、

実際にチケットのコンセプトを練っていきます。

↓次回の記事↓

売りたい情報と売りたい人を組み合わせ最高のコンセプトを作成する【でめきん先生タイムチケット講座①必須の準備編その3】
タイムチケット攻略全体の目次はこちら↓ どうも、高確率でヤクルトの蓋開けるの失敗するでめきんです。 前々回の記事で自信の経験やスキルを洗い出し、自分が発信できる事を決めました。 そして前回の記事で、...

 

相談・お問い合わせはこちら

demekin.giver@gmail.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました