【憲法】憲法の意味【行政書士資格取得への道】

行政書士資格取得への道

①憲法とは

憲法とは、国家権力を制限し、国民の人権を守るためのルールである。

国民ではなく、国が守らなければならないルール

 

国をまとめるにはリーダーが必要だが、そいつがやりたい放題の独裁者だと

国民の人権が侵害されてしまう。

なので憲法が必要になる。

 

さらに、権力が一極集中にならないように、

権力を3つに分ける。

・国会(立法権)

・内閣(行政権)

・裁判所(司法権)

 

 

②憲法の最高法規性

日本には民放や刑法など、様々なルールがあるが、

憲法はその中でも「国の最高法規」とされていて、

憲法に違反する法律を作ったり、憲法を無視した活動をしたりすることはできない。

もしそのような事が行われた場合、裁判所が「憲法違反(違憲)」という判断をする。

裁判所にそういった判断をする権限の事を「違憲審査権」という。

 

※外国と締結した「条約」も判断できる。

 

③憲法の基本原理

憲法の三大原理

①基本的人権の尊重

人が生まれながらにして持つ人権は、国家によって侵害されない

 

②国民主権

国の政治を最終的に決定するのは国民である

 

③平和主義

過去の戦争についての反省に基づき、戦争の放棄を宣言する

 

 

この記事は行政書士の資格取得を目指す筆者が、
「人に教える事が最強のアウトプット」という信念の元に作成しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました