【人権】人権の分類【行政書士資格取得への道】

行政書士資格取得への道

日本国憲法では様々な人権が規定されている。

国はこれらの人権を侵害してはいけないが、

他の国民との関係や、社会全体の事を考えて人権を制約することが可能。

 

①人権の分類

・自由権(国から○○されない権利という意味で「国家からの自由」ともよばれる)

精神的自由

表現の自由・信教の自由など

経済的自由

職業選択の自由など

人身の自由

奴隷的拘束および苦役からの自由など

 

・社会権(国に〇〇してもらう権利という意味で「国家による自由」ともよばれる)

生存権、教育を受ける権利など

 

・参政権

公務員の選定・罷免権、被選挙権など

 

・受益権

裁判を受ける権利など

 

※人権の中でも最初に主張されたのが自由権。

※社会権が主張されたのは20世紀に入ってからなので「20世紀的人権」と呼ばれる。

※初めて社会権の保障が明記されたのは、1919年にドイツで制定されたワイマール憲法。

 

 

この記事は行政書士の資格取得を目指す筆者が、
「人に教える事が最強のアウトプット」という信念の元に作成しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました